EXILEの想い・信念を受け継ぐダンス&ヴォーカルグループ

Performerはリーダーを務めるEXILE NAOTO・小林直己、そしてELLY・山下健二郎、EXILE新メンバー岩田剛典の5名。

ヴォーカルはEXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2~夢を持った若者達へ~で選ばれた今市隆二・登坂広臣。

 

2010年11月10日三代目 J Soul Brothers 1stシングル「Best Friend’s Girl」にてメジャーデビュー。

2012年の「花火」でNHK紅白歌合戦に初出場。

2014年元旦にリリースしたベスト&オリジナルアルバムは、オリコンウィークリーチャート4週連続1位という快挙を成し遂げた。

また、この年に開催された13都市を回るライブツアーでは約40万人を動員。

その後、レコード大賞を13枚目のシングル「R.Y.U.S.E.I.」で獲得。動画サイトYouTubeでのMV試聴回数は1億回を突破。紅白歌合戦に3年連続出場し、日本の音楽シーンに確固たるポジションを築き上げた。

 

2015年におこなわれた三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2015 “BLUE PLANET”では、ライブ・ビューイングを含め約120万人を動員。

18枚目のシングル「Summer Madness」で日本有線大賞を受賞、続く19枚目のシングル「Unfair World」でレコード大賞を獲得、同賞2連覇を果たし、同年での各賞受賞・記録において23冠を達成。

 

2016年ではグループ初のドキュメンタリー映画「Born in the EXILE」が公開され、公開初日から3日間で全国約15万人を動員。上映館数は国内で150館を超え、半年もの長きに渡るロングラン上映となるなど、多くの注目を集めた。

12月には年間のオリコンランキングが発表され、総合ミュージック映像部門で自身初の年間首位を獲得するなど、アルバムアーティスト別セールス部門 / DVD部門 / MUSIC DVD部門と合わせて4冠を達成。

 

また、同年11月から翌2017年にかけて、自身2度目となる単独ドームツアー、三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2016-2017 “METROPOLIZ”を開催。

3月29日にベストアルバム「THE JSB WORLD」をリリースし、国民的となった楽曲の数々が再び注目を集めた。

9月には、“METROPOLIZ”ツアーの続編となる“UNKNOWN METROPOLIZ”ツアーをスタートさせ、東京ドームにて10公演を開催。年間を通してドーム公演37公演、ライブ動員数148.2万人を動員し、年間動員数歴代最多記録を更新した。

 

2018年6月、オリジナル・アルバムとしては約2年ぶりとなる作品「FUTURE」をリリース。

7人の新たな可能性と進化を多面的に描き、【三代目 J Soul Brothers】【今市隆二】【登坂広臣】の3つの異なる世界観を表現。世界基準の豪華クリエイターが集結し、『これぞ三代目 J Soul Brothers』と言わしめるダンス・ナンバーから珠玉のバラードまでを多数収録した、まさにこれからの三代目 J Soul Brothersの“FUTURE”を表す作品となった。

 

圧倒的な存在感を魅せる彼らの勢いは、その類まれなるエンタテインメントの追求とともに、デビューからまもなく9年目を迎えようとする今もなお勢い衰えることなく日本の音楽シーンの先を駆ける存在であり続けている。

 

[三代目JsoulBrothersオフィシャルサイト引用]