みなさんこんにちは(^^♪

今週辺りから冷え込みがきつい日が続いています。

関東地方の積雪量はすごいことになっていますね。

ニュースで見る東京はいつもの景色とは変わって、大阪住まいの私にはうらやましくもありますが、

事故なども多いようで心配でもあります。

関東の皆様、そして北日本の皆様くれぐれもお気をつけください!
またインフルエンザ患者も増えてきてますね。。。

寒くなるとインフルエンザや風邪にかかりやすいので注意が必要ですよ!!!インフルエンザはかかってしまうと長引く上に高温の熱によって大変つらい思いをすることになります。

 
風邪予防01

 

※本社掲示板にも予防方法を貼っています。

風邪をひきにくい環境を手に入れ毎日元気に過ごしたいですよね~
体調管理ももちろん大事なのですが風邪の予防法の中のひとつに

 

湿度を保つ

 

という予防法があります。

 

加湿がなぜ風邪の予防や治療に繋がるのか。。。加湿器が風邪のウイルスを攻撃してくれる効果があるわけではないですが、加湿器の目的は部屋の湿度を上げることによって風邪から喉や鼻の粘膜を守ることができるそうです!乾燥すると喉や鼻の粘膜が弱ってしまい風邪菌に対する抵抗ができなくなります。すると風邪菌は体の中に入りたい放題!すんなりと風邪にかかってしまうのです。加湿器で湿度を上げる効果としては

 

 ◆静電気の防止

 

 ◆喉や鼻などの粘膜の乾燥防止

 

 ◆菌やウイルスの活動抑制

 

 ◆ホコリなどの有害物質の飛散防止

 

 

裏を返せば、これらの原因はほとんどが乾燥であることが多いそうです。そう考えると部屋の湿度はしっかりと確保しておかないと!!!また、風邪菌は高温多湿に弱いので温かくして、しっかり加湿すれば動きを抑制することができるそうです。そしてどこに置いてもいいというわけじゃないそうで

 

 

 ◆部屋の隅に置かない

 

 ◆ある程度高いところに置く

 

 ◆エアコンの風が当たらないようにする

 

 

部屋の隅に加湿器をおいてしまうと全体に湿度が行き渡る前にドアなどから逃げてしまいます。また、あまり低い場所に加湿器を置くと足元は湿度が高いけれど呼吸をする顔の周りは乾燥してたりもします。なので、腰の高さよりも上くらいの場所を目安に加湿器を置くのがベストだそう!風邪やインフルエンザなど冬に流行る菌やウイルスはほとんどが乾燥好きという特徴があります。

 

菌やウイルスが乾燥好きなら加湿器で湿度を高めてやって居心地の悪い環境を作ってやりましょう!

 

風邪予防02

魂こめて

ワントゥワングループ